市内団体紹介

特定非営利活動法人 サンクチュアリ エヌピーオー

代表者 理事長 馬塚 丈司
所在地 浜松市中区幸2-17-9
Email umigame■sanctuary.jp
※e-mailの■は@と読み替えてください。
ホームページ http://sanctuarynpo.jp/
概要 浜松市の馬込川河口には、アシ原や干潟など多様な自然が残っています。ここは、野鳥たちの大切な生息地で、ツバメのねぐらでもあります。この貴重な環境を開発計画から守ろうと起こした市民運動(1984年)が団体の始まりです。
 遠州灘海岸では、それまでほとんど知られていなかったアカウミガメの産卵を確認し、繁殖調査をスタート(1987年)しました。この頃から海岸に沢山の車が乗り入れるようになり、大きな環境問題を引き起こしました。砂浜で集団営巣する渡り鳥コアジサシや産卵に来た親ガメ、ふ化したばかりの子ガメにも多数の被害が出ました。自然環境を守るため、海岸への車両乗り入れ規制を各方面に働き掛け、海岸法の改正の実現や、水産庁に働き掛け、ウミガメの保護を国の重要水生生物保護事業としました。また、浜松市においては、「アカウミガメとその産卵地」を市文化財と指定して保護されるようになりました。環境保全のため、積極的に政策提言を続けています。
サンクチュアリジャパンでは、海岸での野生生物の保護調査活動と併せ自然観察会やクラフト教室、ウミガメ講座、ムササビやホタルが飛び交う里山や小川などで野生動物の保護・繁殖調査、河川や湖などの水質調査の開催、クリーン作戦など様々な活動を続けています。かけがえのない自然を次の世代へと伝えていきたいと考え、市民参加の活動をボランティアで行っています。

TOP